生活習慣病予防におすすめ

果物

血管力を上げるには

働き盛りから中高年期にかけて、健康の問題がクローズアップされてきます。中でも高血圧症や脳血管疾患、心疾患、糖尿病といった生活習慣病は脅威で、国や医療機関から注意喚起されています。これらの生活習慣病の多くに関わっているのが血管です。血管は頭の先から手足の末端まで張り巡らされ、人の臓器としては最大のものといっても過言ではないとされます。しかし、生活環境に乱れが起こると血管力が低下し、動脈硬化や血管に詰まりが起こることによる脳梗塞や心疾患、裂けてしまう動脈瘤解離といった命にかかわる問題が発生する可能性があるのです。これらを防ぐには、日頃の食生活や運動量、ストレス等の生活環境を見直すことが大切です。中でも注意したいのが食生活です。過食やアルコールの摂取、油分が多く高コレステロールな食品を長く取り続けていると動脈硬化が起こり、血管力が低下してしまいます。このような血管力の低下を予防するために、食生活の改善が急務なのです。血管力を上げるには、野菜と魚を積極的に食べることが効果的とされています。特に魚は、DHAやEPAといったオメガ3系脂肪酸が含まれています。このオメガ3系脂肪酸は、血管内に溜まったコレステロールを排除し血栓ができにくくする作用や血の流れを良くする作用があり、血管力向上に非常に有効なのです。そのため、日々の食生活に魚料理を積極的に取りたいと喚起されています。ただし、この有効なオメガ3系脂肪酸も残念ながら料理すると2割程低下すると言われ、また酸化しやすく全てを有効に取ることはかなり困難とされているのです。そこで食事とともに摂取したいのがサプリです。DHAやEPAのサプリ、これらを全て含んだオメガ3系脂肪酸のサプリは、魚料理では有効に取り切れない成分を全て摂取することが可能です。また、サプリなら1日に必要なこれらの成分を確実に摂取できることもおすすめの理由の一つなのです。

Copyright© 2018 毎日の食生活にサプリを取り入れよう【会社などでも気軽に摂取可能】 All Rights Reserved.